国際演劇評論家協会日本センター のすべての投稿

伊丹市議会宛に「伊丹市立演劇ホール(アイホール)の存続を希望する陳情」提出

本日、伊丹市議会宛に国際演劇評論家協会(AICT)日本センターの「伊丹市立演劇ホール(アイホール)の存続を希望する陳情」を提出しました。存続希望の声が途切れないことを示すため、今日提出です。瀬戸宏関西支部長と岡田蕗子関西支部会計の二人が持参しましたが、陳情書は日本センターとしての提出です。

【シアター・クリティック・ナウ2021のご案内】

《国際演劇評論家協会[AICT]演劇評論賞 受賞記念シンポジウム》

佐藤信と「運動」の演劇

演劇・ダンスの優れた批評を顕揚する第26回AICT演劇評論賞に、梅山いつき著『佐藤信と「運動」の演劇 黒テントとともに歩んだ50年』(作品社)が選ばれました。これを記念し、受賞者である梅山いつき氏、さらにゲストに佐藤信氏、内田洋一氏をお迎えして、「佐藤信と『運動』の演劇」について語っていただきます。

 

【パネリスト】

梅山いつき(演劇研究者、近畿大学准教授)

佐藤 信  (演出家、劇作家、座・高円寺芸術監督、若葉町ウォーフ代表理事)

内田 洋一 (司会/演劇評論家、新聞記者)

 

【日時】 2021年7月25日(日)18:00~20:00(予定)

*17:30~ 第26回AICT演劇評論賞および第25回シアターアーツ賞 授賞式

【会場】 座・高円寺(2F)カフェ アンリ・ファーブル

(〒166-0002杉並区高円寺北2-1-2)

【参加費】 一般 500円 AICT会員・学生=無料

【予約・問い合わせ】 aictjapan●gmail.com

*●を@にかえてください。

 

*予約優先(氏名・連絡先をお知らせください)

*当日は、感染症予防対策にご協力ください。

*今後の状況によって開催を変更する可能性がございます。

その際には国際演劇評論家協会[AICT]日本センターのホームページにてお知らせいたしますので、事前のご確認をお願い申し上げます。

 

主催:国際演劇評論家協会[AICT]日本センター http://aict-iatc.jp

協力:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺

劇カフェ2021のお知らせ

AICT 会員の方々を招き、専門的かつ分かりやすいトーク&レクチャーを繰り広げる「劇カフェ」を再開します。今回は演劇表象におけるジェンダーについてみなさまと一緒に考えたいと思います。刺激的な一夜を座・高円寺でともに過ごしましょう。

―――――――――――――――

【演劇とジェンダー】

トーク=柴田隆子(舞台芸術研究・AICT会員)

聞き手=小田 幸子(能・狂言研究家・AICT事務局長)

日時:2021年6月14日(月)18:00〜20:00(予定)

会場:座・高円寺 けいこ場2(地下3階)

会費:無料

要予約:(感染症対策のため、20名に人数を限って開催します)

問い合わせ・予約先:aictjapan●gmail.com

*●を@に変えてください。

※後日映像配信も予定しております。

―――――――――――――――

「ジェンダー」は、元々はカルチュラル・スタディーズ研究からでてきた表象を扱う概念です。ただ、これが「身体」と関わるので厄介な問題となります。表象として「ジェンダー」を考えた場合、「キャラクター(=登場人物)」で考え、そこでの色々な付与された差異をどう配置するのかを、ごく愚直に「抽象」や「基本形」から出発して考えたのが、私が専門とするバウハウスで舞台芸術を教えたオスカー・シュレンマーの理論です。最初に舞台上の身体に関する彼の理論をお話しさせていただき、そこから演劇における「ジェンダー」を会員のみなさまと一緒にお話しできたら嬉しいです。(柴田)

 

主催・連絡先=国際演劇評論家協会(AICT)日本センター

協力=NPO 法人劇場創造ネットワーク / 座・高円寺

第8回タリア賞受賞記念シンポジウム「鈴木忠志をめぐって」

第8回タリア賞受賞記念シンポジウム「鈴木忠志をめぐって」

 

この度、国際演劇評論家協会[AICT]が主催する、第8回タリア賞に鈴木忠志氏が決定いたしました。つきましては、授賞式および記念のシンポジウムをオンラインにて開催いたします。

 

本来は、2020年にスロバキアのブラチスラバでの授賞式を予定しておりましたが、感染症の影響により延期となり、今回のオンラインでの授賞式の運びとなりました。

 

今回のシンポジウムには世界各地から、演劇批評家・演劇研究者が参加します。

 

身体活動がいやおうなく制限される現在、究極的な演劇的身体を生み出す鈴木演劇からますます目が離せません。鈴木忠志氏の長年の活動が、世界の演劇に与え続けている多大な影響について、各国からの視点で語られる貴重な機会です。ぜひご参加ください。

 

=====================

[日時] 2021年4月16日(金) 21時~

[リンク] AICTのWebマガジン「クリティカル・ステージ」のフェイスブックの

以下のリンクからご参加ください。

https://www.facebook.com/Critical-StagesSc%C3%A8nes-Critiques-The-IATC-journalRevue-de-iAICT-810215429163573

※ 事前登録は不要です。

※ プログラムの詳細は、以下をご覧ください。

※使用言語は英語です。

=====================

 

タリア賞は、国際演劇評論家協会[AICT]が、その活動において舞台芸術・演劇批評に大きな影響を与えた人物を顕彰するために創設された賞です。隔年ごとに開催され、これまで、エリック・ベントレー氏(アメリカ)、ジャン=ピエール・サラザック氏(フランス)、リチャード・シェックナー氏(アメリカ)、カピラ・ヴァチャヤン氏(インド)、ユージェニオ・バルバ氏(デンマーク)、フェミ・オソフィサン氏(ナイジェリア)、ハンス・ティース・レーマン氏(ドイツ)が受賞されています。

 

受賞者には、ギリシャ神話のタレイアの顔がついた銀の杖が贈呈されます。本年は、ルーマニアの舞台美術家ドラゴシュ・ブハジアール氏が作成による、ルーマニアの批評家たちからの贈呈品となっております。

 

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

【シンポジウム・プログラム】(敬称略)

■タリア賞授賞式 (30分)

[開会の辞]マルガレータ・ソレンソン(スウェーデン/国際演劇評論家協会[AICT]会長)

[挨拶]穴澤万里子(日本/国際演劇評論家協会[AICT]理事)

[祝辞]アン・ホガート(アメリカ)  「鈴木忠志を讃えて」

 

[受賞者挨拶] 鈴木 忠志

 

■第1パネル (60分) ――理論と文化を横断する対話

・[司会]サヴァス・パッサリティス (ギリシャ)

・アリソン・フィンドレー (イギリス) 「技能と精神」

・リ・シュウレ(中国) 「鈴木忠志著 『文化は身体だ』における演劇理論の現代的意味」

・ペネロペ・チャジディミトリオウ (ギリシャ)

「鈴木忠志――ギリシャ古典の再創造する、戦後日本のアイデンティティの再創造する」

・内野 儀(日本) 「脱植民地性について――日本における鈴木忠志」

〈討論〉

 

■【映像】鈴木忠志の仕事(15 min) (映像制作=SCOT)

 

■第2パネル(60分)――実践と文化を横断する対話

・[司会]ディーパ・パンジャニ (インド)

・アナ・ウルフ(アルゼンチン) 「いかに技芸の核心に近づき、離れるか?」

・ディアナ・ミロシェビッチ (セルビア) 「演劇テクニックの力」

・アクシャイ・ガンディー (インド) 「鈴木メソッドの身体訓練によって

インドの都市風景における“Working-in-Theatre”の文化を発見する」

・オクタヴィアン・サイウ (ルーマニア/ニュージーランド)

「場の感覚――鈴木忠志、利賀、演劇の本質」

〈討論〉

 

■閉会の辞 (15 min)

・イヴァン・メデニカ (セルビア/国際演劇評論家協会・シンポジウム実行委員長)

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

 

【クリティカル・ステージ・ホームページ】 https://www.critical-stages.org/

 

【国際演劇評論家協会[AICT]ウェブサイト】

*ホームページ

AICT-IATC | International Association of Theatre Critics (aict-iatc.org)

*プログラム詳細

Tadashi Suzuki, Thalia Prize and IATC Conference (aict-iatc.org)

*鈴木忠志氏・タリア賞受賞

The 2020 Thalia Prize: Tadashi Suzuk

「政府による「日本学術会議」人事について経緯を明らかにすることを求める声明」に賛同

国際演劇評論家協会日本センターは、10月12日付で日本劇作家協会ほかの「政府による「日本学術会議」人事について経緯を明らかにすることを求める声明」に賛同しました。

声明の全文は下記の通りです。

政府による「日本学術会議」人事について経緯を明らかにすることを求める声明

政府から独立した立場で政策提言をする科学者の代表機関「日本学術会議」が新会員として推薦した候補者105人のうち、6人を菅義偉首相が任命しませんでした。

独立性が保たれるべき学術会議の人事に、もしも不当な介入があったとすれば、憲法が保障する「学問の自由」の侵害となります。
今回の案件が、将来的に、学術や芸術への政府の過度の干渉の引き金となり、また表現・言論の自由への侵害へと発展していくことを私たちは危惧します。

私たちは、今回の政府による「日本学術会議」への人事について、決定の経緯を明らかにすることを求めます。

2020年10月6日
一般社団法人 日本劇作家協会

※演劇団体や芸術文化団体にもこのアピールへの賛同を広く呼びかけています。

日本センター声明

皆さん、「新型コロナウイルス」を記録しませんか
山本健一(国際演劇評論家協会日本センター会長)

新型コロナウイルスの猛威と、政府の無理解な文化政策により、人の命、演劇の命が脅かされています。演劇が街から消え、人が人に近づけないまま出口もわかりません。今、私たち国際演劇評論家協会日本センター会員は何をなすべきなのか。危機が時代の、物事の本質をあぶりだすといいます。我々の眼と心を通してこの悲惨な事態を見つめ、真実と向き合うために言葉で報告、批評する。忘れないために、後の人が検証できるように記録する、多様なものの見方、論理を展開する。つまり未来への準備をすることだと思います。新型コロナウイルスが瞬く間に世界で蔓延したように、変化はとてつもなく速い。我ながらどんどん忘れていくのが恐ろしい。事態はどう推移しているのか。演劇界はどう反応し、対応したか。各人がそれぞれの媒体で発表することはもちろん大切ですが、国際演劇評論家協会日本センターの発表媒体であるWeb版シアターアーツでそれぞれの思いを共有しませんか。

会員の皆さんに投稿していただきたいのは例えばこんなことです。まず全国からの演劇現場のきめ細かな報告です。演劇人も劇場も存続の危機に立っている事実を共有したいと思います。物心両面から挟撃され、演劇人はどう思い、悩み、決断したのか。自分たちの劇場や公演が集団感染の原因になったら、全国の劇場と演劇人に取り返しのつかない迷惑をかけるという不安、恐怖、倫理感に責めさいなまれていると思います。こんな非日常のことが当たり前のように起きている現状は、今こそ記録すべきだと思います。

以前芸能人の経済状況をまとめた「芸能人白書」を読み、経済的な窮状の中で演劇人がいかに生活し、演劇への志を絶やすまいとしているかに粛然とした記憶があります。小さな劇団、集団こそ日本の演劇創造の中核であることを私たちは知っています。そのフリーの演劇人たちが無収入に近い残酷な現実を、私たちは直視したいと思います。

ご存知のように国の姿勢には様々な問題が浮かび上がっています。補償はしないが自粛しろとは、言葉もありません。結果として特別措置法により演劇表現が困難になれば、憲法で保障された基本的人権である表現の自由が脅かされてしまうことになります。諸外国の法制度や文化行政は今、どのように機能しているのでしょうか。外国演劇を専攻する会員の現場報告や知見もしりたいところです。

演劇を脅かすものは国家だけではなく演劇を見て支える市民自身でもあります。今どき芝居をしている場合かと脅しに近い同調圧力という集団心理が、分断の萌芽が街中にあります。演劇を支える者が演劇を否定する矛盾を、現在の危機は巻き起こしました。これまで国家の強権に翻弄され従ってきた、危機の時代にはしばしば現れてきたこの国民性の発現を、改めて今どう考えたらいいのでしょうか。

しかし変化という新しい局面もかすかに見えています。御存知のように外出規制によりインターネットやSNSという仮想空間が存在意義を強め、テレワーク、ネット授業などの変化が暮らしに現れています。演劇現場ではオンラインやZoomを利用した演劇などバーチャル演劇への模索もあります。私達はギリシャ古典劇以来、人と人とが直接に濃厚交感するのが演劇と思ってきました。私は時代が変わってもその本質は変わらないと思いますが、演劇とは何なのかという本質的な問いかけを含む動きのようにも見えます。ライブ本来の演劇のよさを再認識させるのか、あるいは舞台と観客のつながり方に新しい認識をよぶのか。バーチャル演劇にはどんな現場があり、担い手たちはどう考えて試みているのでしょうか。「新型コロナウイルス後」に加速される人工知能など技術革新を柱とした新たな産業革命の中で、バーチャル演劇はどんな位置を占めていくのでしょうか。

もう一つ知りたいのは過去・歴史との参照です。人には感染病との闘いの歴史があります。交易により大流行したペストで世界は中世から近代資本主義社会へパラダイム変化し、ルネッサンスの萌芽という文芸・文化・精神面でも局面がかわったことは知られています。後日様々な果実を文化・芸術にもたらしました。またスペイン風邪の流行は日本でも演劇界を襲いました。過去の世界的な疫病流行が文化芸術表現にもたらした影響を考えることで、今の新型コロナウイルス蔓延が演劇に及ぼしている内実を考えるヒントはないのでしょうか。

英国を代表する演劇制作者のキャメロン・マッキントッシュは最近のラジオ番組で「ロンドン・ウエストエンドやニューヨーク・ブロードウェイの劇場が、来年初めまでに公演を行える可能性は低い」と語りました。私達にはこのような将来を予測することは出来ません。しかし会員の心と力を集めれば現在を記録し、やがて歴史化するであろう未来へのお手伝いは出来ると思います。それが今、危機にある演劇人に力と勇気を与えると信じたい。皆様の投稿をお待ちしています。
2020年5月10日

AICTタリア賞、日本人で初めて鈴木忠志氏に決まる(プレスリリース)

貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

私どもが加盟する国際演劇評論家協会(AICT、本部・パリ)は、6月にフランス・モンペリエで開いた本部理事会で、演出家であり劇団SCOTを主宰する鈴木忠志(すずき ただし)氏にタリア賞(Thalia Prize)への授与を決めました。日本人としてタリア賞の受賞は初めてのこととなります。授賞式は2020年5月にスロバキアのブラチスラヴァで開かれるニュードラマフェスティバルとの共同で開催され、トロフィーとして演劇の女神を象った銀の握りのついた杖が贈呈されます。

タリア賞は、舞台芸術の芸術家ないしは著作家で、その作品、実践、あるいは著作において演劇評論家の仕事に対して発見と新しい視点を与えた者を顕彰するために2006年に創設されました。第1回の受賞者には、近現代の劇作家を取り上げて時代の文化、演劇的伝統との関連において論じた『思索する劇作家』 (坂本和男ら訳、南雲堂)などの著書があるイギリス人演出、劇評家のエリック・ベントリー氏が選ばれました。他に、ジャン=ピエール・サラザック(フランス)、リチャード・シェクナー(アメリカ)、カピラ・ヴァツヤヤン(インド)、ユージェニオ・バルバ(デンマーク)、フェミ・オソフィサン(ナイジェリア)、そして『ポストドラマ演劇』(谷川道子ら訳、同学社)などの著書があるハンス=ティース・レーマン(ドイツ)の各氏が過去に受賞しています。

鈴木氏の授賞の理由は、以下の3点において現代世界演劇に多大な功績を果たしたと理事会が評価したからです。

1. 俳優のために言葉と深く結びついた身体感覚の鋭敏さを持続的に養う独自な訓練方法であるスズキ・メソッドを考案・紹介し、世界中の長期にわたるワークショップを通じて、それを俳優達に広めた。

2. 理論家として彼の著書、『Culture is the Body』、『THE WAY OF ACTING』を高く評価する。

3. 世界中の舞台芸術において常に前衛的な芸術家や個性を取り入れてきたシアター・オリンピックスを、前衛芸術家や舞台芸術の重鎮達との協力によって創設した。

鈴木氏は1939年に静岡県清水市で生まれました。1966年、別役実氏らとともに早稲田小劇場(現SCOT)を創立。1976年富山県利賀村に本拠地を移し、1982年から国際演劇祭「利賀フェスティバル」を毎年主催。世界各地での上演活動や共同作業など国際的に活躍するとともに、独自な俳優訓練法スズキ・メソッドは世界各国で学ばれています。岩波ホール芸術監督、水戸芸術館芸術総監督、静岡県舞台芸術センター芸術総監督、舞台芸術財団演劇人会議理事長に就任。1994年シアター・オリンピックス国際委員会を結成し、同国際委員になりました。

主な演出作品に、「劇的なるものをめぐって」、「トロイアの女」、「ディオニュソス」、「リア王」、「シラノ・ド・ベルジュラック」、「オイディプス王」、「エレクトラ」、音楽劇「カチカチ山」、「ザ・チェーホフ」、「別冊谷崎潤一郎」、「サド侯爵夫人」などがあります。 また主な著書に『内角の和I・II』、『劇的なるものをめぐって』、『劇的言語』、『騙りの地平』『越境する力』、『THE WAY OF ACTING』、『Culture is the Body』、『演劇とは何か』、『演出家の発想』があります。
国際演劇評論家協会はUNESCO(ユネスコ)の下部組織で、フランス・パリに本部を置く国際的な舞台芸術の評論家のための協会です。舞台芸術―般についての国際会議や交流を奨励し、異文化間の相互理解を深めることに重点を置いて活動しています。同協会日本センターは1981年に第一回総会が開催されました。現在、全国約100名の演劇評論家が所属する、日本で唯一の演劇評論家の全国組織です。舞台芸術評論の育成と発展に寄与する講座などを開催、機関誌「シアターアーツ」を発行するとともに、2年に1度のAICT本部主催の世界大会に会員2名を派遣し、我が国の演劇批評周辺の諸問題を報告・討論し、評論家間の国際交流を進めています。

なお、このプレスリリースの解禁は、新聞は12月9日午後5時以降、ウェブ媒体は10日午前5時以降にお願いします。
以上

2019年12月9日
国際演劇評論家協会(AICT)日本センター会長
山本健一

【連絡先】
〒168-8555
東京都杉並区永福1-9-1
明治大学和泉キャンパス研究棟227号室嶋田直哉研究室内
国際演劇評論家協会(AICT)日本センター事務局aictjapan●gmail.com

*●を@に換えてください。

 

シアター・クリティック・ナウ2019

国際演劇評論家協会(AICT)演劇評論賞受賞記念シンポジウム
演劇・ダンスの優れた批評を顕揚する第 24 回 AICT 演劇評論賞に、内田洋一著『風の演劇 評伝別役実』(白水社) が選ばれました。これを記念し、受賞者である内田洋一氏、さ らにゲストに岩松了氏、岡室美奈子氏をお迎えして「別役実 の世界」について語っていただきます。

【パネリスト】
内田洋一(AICT演劇評論賞/演劇評論家・新聞記者)
岩松了(劇作家、演出家、俳優)
岡室美奈子(早稲田大学文学学術院教授、早稲田大学演劇博物館館長)
嶋田直哉(司会/明治大学政治経済学部准教授)

【日時】2019年7月28日 (日)
[17時30分~]第24回AICT演劇評論賞 および 第23回シアターアーツ賞授賞式
[18時~]シンポジウム「別役実の世界」
[20時~]懇親会

【会場】座・高円寺(2階)アンリ・ファーブル

【参加費】一般=500円、AICT会員・学生=無料
懇親会会費=3500円

【主催】国際演劇批評家協会(AICT)日本センター
【協力】NOP法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺

【問い合わせ・予約】aictjapan@gmail.com
※懇親会のみ要予約。

シンポジウム『ルーマニアの奇蹟―躍進するシビウ国際演劇祭』

~国際演劇評論家協会主催・東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)共催~
『ルーマニアの奇蹟―躍進するシビウ国際演劇祭』
~コンスタンティン・キリアック氏を迎えて~

 ルーマニアのシビウ国際演劇祭が今年(2018)、創設25周年を迎えました。共産主義国家から自由主義社会へ、現代史の大きなうねりのなかで短期間にフランスのアヴィニヨン演劇祭、英国のエディンバラ演劇祭と並ぶ世界でも有数の国際演劇祭に成長したその軌跡は、”ルーマニアの奇蹟“として国際的に注目を集めています。その演劇祭の総合芸術監督であり、またルーマニアを代表する劇団、国立ラドゥ・スタンカ劇場の名優でもあるコンスタンティン・キリアック氏が来日します。
 この機会に、ルーマニアの現代史を背景に飛躍的成長を遂げたシビウ国際演劇祭の発展の軌跡を辿り、コミュニティを巻き込みながら躍進する国際演劇祭の魅力をキリアック氏に語っていただきます。講演に続くシンポジウムでは、フェスティバルの牽引車とも言える国立ラドゥ・スタンカ劇場と劇場の専属演出家、鬼才シルヴィウ・プルカレーテの魅力について語り合います。シンポジウムには、キリアック氏のほか日本を代表する演出家、串田和美氏、シビウ演劇祭の成長を初期より見届けてきた演劇評論家の七字英輔氏をゲストにお招きしました。国際演劇評論家協会(AICT)日本センターからは穴澤万里子氏と野田学氏が加わり、パネリストとしてご登壇いただきます。現地よりの貴重な映像もご紹介致します。皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム
18:00  国際演劇評論家協会 会長  山本健一 氏 挨拶
             東京芸術劇場 副館長  高萩 宏 氏 挨拶

18:10~19:00  第一部  コンスタンティン・キリアック氏による講演
『シビウ国際演劇祭の軌跡 ― 演劇祭とコミュニティ』(仮題)

19:10~21:20  第二部  シンポジウム
     『ルーマニア国立ラドゥ・スタンカ劇場とシルヴィウ・プルカレーテ』

パネリスト: コンスタンティン・キリアック(シビウ国際演劇祭 総合芸術監督)
串田和美(俳優/演出家。まつもと市民芸術館芸術監督)
七字英輔(演劇評論家)
穴澤万里子(明治学院大学教授)
野田 学(明治大学教授) 

開催日時 : 平成30年10月30日(火曜日)18:00~21:30
開催場所 : 東京芸術劇場 シンフォニースペース(五階)

会費(当日受付支払い): 一般=500円(AICT会員=無料)
予約(予約優先)・問い合わせ先: aictjapan●gmail.com *●を@に変えてください 
*「キリアックシンポジウム予約」と題し、お名前と、会員か一般かをお書きください。

シアター・クリティック・ナウ2018

国際演劇評論家協会(AICT)演劇評論賞受賞記念公開トーク

演劇・ダンスの優れた批評を顕揚する第23回AICT演劇評論賞に、堀川惠子著『戦禍に生きた演劇人たち 演出家・八田元夫と「桜隊」の悲劇』(講談社)が選ばれました。堀川氏 の受賞を記念して公開トークを行います。

日時 2018年7月29日(日)18時より
【パネリスト】
堀川惠子(AICT演劇評論賞受賞者、ノンフィクション作家)
長田育恵(てがみ座主宰、劇作家)
児玉竜一(早稲田大学文学学術院教授)
内田洋一(司会、演劇評論家)
参加費500円
終了後パーティー(当日受付3,500円にて)
場所 座・高円寺2階アンリ・ファーブル
http://za-koenji.jp/guide/
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13095638/
JR中央線「高円寺」駅北口を出て中野方向に徒歩5分
〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2 座・高円寺2階

主催:国際演劇評論家協会(AICT)日本センター
協力:NPO法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺
問い合わせ:aictjapa@mail.meijigakuin.ac.jp